旅のお役立ち情報 海外 タイ 旅の準備とパッキング

【タイ】バンコク女子旅情報|日本から持参したい7つのマストアイテム

2017/12/29

はじめてタイ・バンコクを旅行される女性向けに、知っていればちょびっと役に立つかも?な情報を『バンコク女子旅情報』としてまとめてみました。

この記事では、バンコク旅の際に日本から持参すべき『必須アイテム』について、アラフォー女性の筆者目線でアレコレお伝えします。

びっくりするほど、日本製品が手に入りやすいバンコク。お菓子、日用品… おなじみのパッケージがそこここで見つかるし、ダイソーだってあります(60BT=185円くらいと、"100円"均一ではないけど)。それもなかなかな品揃え。

ゆえに多少忘れ物をしても、日本から持って来ればよかった!痛恨のミス!というほどではないのですが、『なぜこれをバンコクで買うハメに…』とコスパの悪~い痛恨の買い物をするハメになってしまいます。

ということで、要らない買い物をしなくて済むよう、これは日本から持くべし!な筆者のマストアイテムをご紹介します。

なお、服や靴などファッションアイテム必須アイテムについては、別のページにまとめていますので、合わせてご参照ください^^

 

◆持参マスト1:軽量・晴雨兼用折り畳み傘

まず挙げたいのは、軽量の晴雨兼用折り畳み傘。ガンガンの陽射しから身を守るため&雨天時用としてマストです。

現地でももちろん売っていますが、大きくて重くて高く携帯性に欠ける&コスパが悪い&品質面に不安があるので、日本から持参がベター。

日本ではほとんど日傘を使わない筆者ですが(面倒くさがりなので)、乾期におけるバンコクの陽射しはあまりにも強く…屈服。また、雨期には本降りになる前に建物内に避難することを前提として折り畳み傘を携帯します。(本降りの時はどんな傘を持ってても外に居続けることは考えられません…)
 
筆者イチオシは、『Waterfront』の折り畳み傘。日本では軽量であることに重きを置いた雨天用の製品を愛用していますが、バンコク旅用に新調を考えているところ。晴雨兼用かつ丈夫そうで色や柄がいい感じなこの2タイプがいいな、と思っています。

 

 
 

◆持参マスト2:SIMフリースマホ

旅行者向けのSIMカードが超カンタンに手に入るバンコク。

SIMフリースマホさえあれば、空港やモールの通信会社ブースで旅行者向けのSIMカードを入手し、差し替え&設定するだけ(お店の人がちょちょいとやってくれます)で、拍子抜けするほどカンタンにネット接続できちゃいます。

SIMフリースマホを持っていない方は、現地でお手頃価格のものを購入するというのもアリ。9000円くらいでそれなりのSIMフリースマホが手に入ります。特にこれからちょこちょこ海外に行く予定がある方は、検討してみる価値ありですよ^^日本で海外向けwifiルーターを借りたり、ローミングサービスを利用するより、手軽で通信費が安く済みます。

スマホの用途として調べもの以外に大きなメリットを感じたのは、タクシーで行き慣れない場所に行くとき、Googleマップでリアルタイムに現在位置を把握し、間違った方向に向かってないか確かめられること。『運転手さん…ホントに行きたい場所わかってくれてる?』とそわそわしなくて済むので、言葉の通じない国では大きな安心感があります。

また、長めの滞在を予定している方は、色んな場面(予約系とかポイントカードの登録とか)で『電話番号は?』と聞かれるので、音声通話付きのSIMを入手するとよいです。

ちなみに、タクシー配車アプリ『Grabtaxi』を入れておくと、タクシーが捕まえにくい場所にいる時なんかにすご~く便利ですよ。

なお、SIMフリースマホの海外での利用はリスクと利便性を考えたうえでどうぞ。("念のため"と思ってこう書きはしましたが…筆者はバンバン使ってます。そのための"SIMフリー"ですから^^;)

 
 

◆持参マスト3:ウエットティッシュ&ポケットティッシュ

 
女子旅なら荷物に必ず入っているとは思いますが、敢えて挙げたいウエットティッシュ&ポケットティッシュ。

ウエットティッシュは主にお食事前のお手拭きとして。"屋台やフードコートでのちょこちょこ食べ"というバンコクでの大きなお楽しみの際に欠かせません。

ティッシュペーパーは、トイレにティッシュが無いとき(ちょこちょこ遭遇して悶える…)用に。

両方とも、現地ドラッグストアやスーパーでも入手可能ですが、高い&程よいサイズ感のものが見つからないことも多いので、100均でわさっと買って日本から持参です。(日本の紙製品は品質と価格のバランスがスバラシイ!)
 
 

◆持参マスト4:サニタリーショーツとタンポン

海外のどこの国でも、日本を超えるものを見たことがない生理用品(筆者が日本人で日本の製品に慣れているからという面も当然ありますが)。

ちょっと真面目な話になっちゃいますが、生理用品の充実度って、その国の成熟度とか豊かさ・発展度を如実に示すアイテムだと思うんです。(機会があれば比較研究してみたいくらい。)発展途上国の中には、生理が始まったのを機に学校に行けなくなるところもある、という話を聞いた時には、日本のスバラシイ生理用品を当たり前のように使えることに心から感謝したものです。。。

で、バンコク旅のお話。日本人在住者の多いバンコクや大都市部にいる限り、ナプキンならばソフィとかウィスパーあたりがフツーに手に入りますが、ナプキン以外のサニタリーショーツやタンポンなどは探しやすさの面から言ってビミョー… 日系のデパートに行けばあるかも?ですが、旅行先で買いたいものでもないので、持参がベストです。
 
 

◆持参マスト5:メイクアップ&グルーミングツール

爪切り、毛抜き、アイラッシュカーラー、かみそり、ヘアブラシ、などのメイクアップ&グルーミングツールもハイレベルな日本製を持参するに限ります。

高品質なものを求めれば海外製で日本のより高価だったり、低価格で見つかった!と思って買ったら用を為さない…ということが起こりがちなのがこのアイテム群。抜かりなくスーツケースに詰めていきたいものです。
 
 

◆持参マスト6:基礎化粧品(とコットン)

こちらも持参する方がほとんどを占めるかと思いますが… バンコクの場合、タイ人女性(男性も?)に日本製品の人気が高いことから、日本のドラッグストアに売っているメジャーなメーカーの化粧品なら手に入ります。が、いかんせん割高… 長期滞在でも、可能ならば全期間ぶんを持参したほうがベターです。

また、化粧水をコットンでつける習慣がある方は、ぜひ日本からご持参を!『コットン』も日本製が世界一では?と思うアイテムの一つ。程よい大きさと厚み・柔らかさを兼ね備えた日本のコットンは、代えがきかない逸品です。
 
 

◆持参マスト7:プチプチ(梱包緩衝材)

陶器のお店や土産物店でコワレモノを買ったなら、『スーツケースに入れて飛行機で運ぶから、しっかり包んでね!』とお願いできるのですが、スーパーでガラス瓶入りの調味料や食品などをちょこっと買った場合はそうもいきません。

こうした"ちょこっとしたワレモノ"を包むのに、"プチプチ"や"ちょっといいフルーツとかに巻いてあるフカフカのアミアミ緩衝材"を持参しておくと便利です^^
 
 
 
いかがでしたか?
バンコク限定というよりは、"東南アジア旅の必須アイテム"に近いですが…^^;ご参考になれば幸いです。

 
では、よい旅を!
 
おしまいです~^^
 
 




-旅のお役立ち情報, 海外, タイ, 旅の準備とパッキング