海外 タイ

【タイ・バンコク】スワンナプーム国際空港|入国審査が混雑していた時には、もうひとつの審査場へGO!

2017/12/29

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港到着時、最寄の入国審査場(イミグレ)が異様に混雑していたので、もしかして…と、その先にある遠いほうのイミグレに足を向けてみたら、私の前に並んでいたのは2人だけ・通過までの時間5分!と、列に並んでじっと耐える時間を大幅に短縮でき、ラッキー!

という体験をしました。

早朝・深夜・ロングフライト到着時の入国審査での待ち時間…

入国審査場で並んで待つ時間ほど、意義を感じられない時間ってないんじゃないか?と思います。(ことによると『運命の出会い』が無くはないかも?だけど、その可能性は低めですよね…)

それが、早朝・深夜・ロングフライトの到着時ともなると、もはや"忌み嫌う"レベル。

疲れた体を引きずってたどり着いた入国審査場に、長蛇の列ができているのを見つけた時のゲンナリ感といったら、、、ホント、無いですよね…

さらに一人旅が多い筆者にとっては、一旦列に並んでしまうと、トイレに行きたくても我慢するしかない(何度か窮地に立たされました…)という、基本的人権すら奪われた感のある不条理な状況。。。
 
 

バンコク・スワンナプーム国際空港の到着時に

その不快な場面を一刻も早く終わらせられるよう、飛行機を降りたら猛ダッシュでイミグレに向かうのですが、今回のバンコク・スワンナプーム到着時はその努力も空しく、大混雑の渦中に到着してしまいました。

 
スワンナプームでは、到着後、水色で表示された"Immigration"のサインに従って、まっすぐまっすぐ歩いていくと、入国審査のブースにたどり着きます。

 
↓画像がブレブレでごめんなさい… 
(いまだにスマホとかで写真を撮ることに抵抗があって、素早く撮ったらこんなことに。。。)

 
イミグレ目指して一目散にまっすぐまっすぐ歩いていると、他のゲートに到着した別の飛行機の乗客が、右から左からわらわらと現れて流れにジョイン。

それも、ハタをもったガイドさんに先導された大人数のチャイニーズ団体が次々と^^;
 
猛チャージをかけて追い越しましたが、追い越しても追い越しても、その先には別の団体が…
うっ。。。

 
そして到着したイミグレには、すでにものすごい長蛇の列で、場内の2/3ほどが人で埋め尽くされていたのでした。

しばしボーゼン…

 

早くベッドで横になりたい…小賢しい知恵を働かせる

到着したのは現地の夜11時半。日本の夜中1時半にあたります。

夜更かしが苦手な筆者。眠い、疲れた、一刻もはやく横になりたい…

ふと頭に浮かんだ考えは、『イミグレは一カ所だけではないはず…』。

こういう小賢しい考えに基づいて行動し、時として失敗もしてきた筆者ですが、この時その考えを捨てるには目の前のイミグレが混み過ぎていました。

 
 

別のイミグレを探して

 
『一か八か行ってみよう…』

混雑するイミグレを後に、1人きびすを返して、メインの通路に戻り…(同じ便に乗っていた人たちはどんどんそのイミグレに入っていっていたので、けっこう不安でした。)

メインの通路を、さらに奥へ奥へと向かって進み始めると、まず見えてきたのは『PRIORITY LANE』『VISA ON ARRIVAL』の表示。

ここは、ビジネスクラス以上の乗客や、タイ入国時にビザが必要な国のパスポートの所持者かつ到着時のビザ申請が許可されている国の方々向けのイミグレなので、関係ない筆者は通過。

さらに奥に行くと、見えてきました!もう一つのイミグレ。

最初のイミグレからまっすぐ歩いて、3分もかからなかったと思います。

 
 

到着ゲートから遠いほうのイミグレに到着。果たして?

審査場内を見渡すと、数か所オープンしていたブースには、2~3人ずつ並んでいる感じ。

("係官はいるけど誰も並んでないブース"もあったけど、閉めてるのか?開いてるけど誰も来ないから敢えて呼ばないのか?はナゾ。こういうことが良くある…)

手慣れた風の男性ビジネスマン2人が並んでいるブースが一番早いはず…という読みは的中し、まもなく順番が回ってきました。

 
…『ここじゃダメ!』と元の審査場に戻るよう言われちゃうかな?と、ちょっとびくつきつつ、

『サワディーカー』と言いながらパスポートとアライバルカードを差し出すと、

 
無表情な女性審査官が無表情なまま、

バン!バン!バン!とハンコを押してパスポートを返してくれました。

審査場到着から所用時間、およそ5分…。

やった~!

いつもこういう"小賢しい"知恵の働かせ方が功を奏するわけではないのですが、今回は、成功!(´▽`)

 
 

タイの"あるある"かも?

バンコクでBTSの切符を買おうと券売機を探すと、目立つところにある2~3台には長蛇の列ができているのに、ちょっとしか離れていないところにある券売機には誰ひとり並んでいない、という現象もよく見かけます。

(そういえば、韓国・ソウルでも同じ現象を見たわ。)

ちょっとでも早く!ちょっとでも効率的に!という日本人気質からは考えられない、のんびり感。
何よりこういう時に、外国にいるなぁ…と感じる筆者なのであります。

 
 

まとめ・追記

ということで、

バンコク・スワンナプーム空港の入国審査場が混雑していたら、さらに奥にあるもうひとつの審査場に行けば、ことによるとめっちゃ空いているかも。

というお話でした。

 
追記:さらに数日後にマレーシアへ小旅行に行った帰りにも、同じ作戦が奏功しました。
いずれも、
✖ Cゲートに近いイミグレ⇒混んでる 
〇 Bゲートに近いイミグレ⇒空いてる 

といった状況でした。

 
 
おしまいです~。

 

タイ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。


かわいいバンコク案内


ことりっぷ 海外版 バンコク (旅行ガイド)


23 地球の歩き方 aruco バンコク 2018~2019 (地球の歩き方aruco)


FRaU(フラウ) 2016年 09 月号



-海外, タイ
-, , ,