海外 タイ

【タイ】コンビニで見つけた・スイーツ&おやつ 暫定ベスト3(+α)♡

楽しい!海外のコンビニ

海外のコンビニ…楽しいですよね~^^

スーパーマーケットもアミューズメントパーク並みにオモシロいけど、コンビニには半径300mくらいのローカル住民のニーズがギュギュっと詰め込まれていて、また違った楽しさがあります。

特にタイのコンビニは、いまだ訪れるたび『何だコレ?!』と好奇心をそそるキャラの濃い~アイテムぞろいで、商品棚を眺めているだけでちっとも飽きません。
 

 

タイ・バンコクのコンビニ事情

バンコクには日本発祥のファミリーマート=ファミマがやたら多く、ついでセブンイレブン、という印象。

両方とも日本でもお馴染みのコーポレートカラー&デザインで造作された店構えに対して、中身は商品も店員さんもタイ感満載で、ちょっとした世界観のゆらぎが感じられるところに旅のだいご味を感じます。

バンコクの場合、そこら中にある屋台で作りたての美味しい食べ物が手に入るので、お食事系についてはあんまり力が入っていなさそうなこととか(日本のコンビニは屋台の代わりをしてくれてるのね!と合点)、タイハーブを使った医薬品が目新しく、細分化された薬効だったりするあたりに、お国柄が見てとれます。

 
 

少ないコンビニ利用機会・・・

『レンチンのお弁当にガパオがある~』
とか、
『ジュースの種類がさすがにトロピカル~』
とか、
『このランチパックっぽいの、パンダン味だ~!』
などなど、

目に入るものすべてに興味津々なのですが、、筆者はそもそも日本での日常において、コンビニでごはんやおやつ・デザートを買って食べる習慣があまりなく(CA時代はお弁当の種類を覚えちゃうほどコンビニご飯でお腹を満たさざるを得ないことが多かったのですが…)、やることと言えばせいぜいATMを利用or公共料金のお支払い程度。。。

タイ滞在時もそのライフスタイルは変わらず、コンビニに行ってもミネラルウォーターを買う程度しか用事らしい用事はありません。過去の旅でムダな買い物をしまくった反省から、必然のないものを買うことを厳に控えているため、募る好奇心を抑えてコンビニを後にすることばかりなのです・・・
 
 

コンビニ・スイーツ&おやつベスト3(+α)

ということで、めったに訪れないコンビニでのお買い物チャンスですが、たま~にコバラが空いた時対策のおやつを買う事があります。以下に挙げたおやつベスト3は、そんな貴重な?チャンスをものにして見事引き当てたアタリ!なもの。

またまたマニアックな視点の、どーでもいい話ですが、ご参考までに^^

 

◆バナナ・タマリンドチップス @ファミマ

期待値を上回った!という意味ではダントツトップ、バナナチップスにタマリンドペーストがサンドされたお菓子『Crispy Banana with Tamarind Jam』↓。

 
サクサクっとクリスピーなバナナチップスに甘酸っぱいタマリンドのジャムが挟まっていて、美味しい~!1袋20バーツ、タイファミマのPV商品みたいです。

バンコク滞在時に買ったものの現地では食べる機会が無く、日本への帰国時に機内持ち込みしていたのですが、機内食がハズレで空腹を抱えていた時の救世主となってくれました。

『こんなにおいしいのなら、お土産に買ってくればよかった・・・』と後悔。

次回訪タイ時に発見したら、買い占めたいと思います。(が、商品の入れ替わりが激しいコンビニ、いつまで売ってるか定かではありません…)

ちなみにタマリンド、東南アジアや中南米を始め世界で広く食されていますが、日本ではなじみのない食材ですよね。カスカスに乾燥した黄土色の豆のさやみたいな見た目がイケない何かに似ていて、ムリムリムリ…と引いてしまいがちですが、実は甘酸っぱくておいしい!

筆者も最初は食わず嫌いだったのですが、いまやすっかりタマリンド好き♡で、タマリンド・ドリンクなど見つけると『見ぃ~つけた^^』と即買いするようになりました。まだの方、一度トライしてみてください^^!

 
 

◆仙草ゼリーwithミルク @セブンイレブン

チルドデザートコーナーで見つけたこちらの『Grass Jelly with Milk』もアタリ!

屋台とかスーパーで売ってる真っ黒なゼリー=仙草ゼリーとミルク、銀杏を混ぜ混ぜしていただきます。

未体験のコンビネーション、ナゾの実(銀杏だと知らなかった)、、、最初は恐る恐る口に運びましたが、甘みの少ない牛乳と柔らかすぎない銀杏、仙草ゼリーの食感が相まって、予想外に美味しい^^!

仙草ゼリーについては別記事に書きましたが、暑気あたりや高血圧に対し効能アリなヘルシー食品なんだそう。(ホントかな…確かに食べた感じはカラダに良さげでしたが。)一般的なシロップ漬けは、とにかく歯が浮くほどシロップが甘いのが難点ですが、ミルク掛けならどんどんいけちゃう!

銀杏も日本のとは種類が違うのか、独特のクセは感じられず、納得の相性。気に入りました~!

 

◆トムヤムフレーバーカシューナッツ

トムヤム味のカシューナッツ『Cashew Nuts~Thai Tom Yum Flavour~』もスマッシュヒット!

ナッツ菓子ならココ!のKoh-Kaeブランド製品。ピーナッツでなくカシューナッツというところにこだわりが感じられます。ナッツにくっついてるのは、レモングラスやこぶみかんの葉っぱ。なかなか本格的。

スーパーでも売っているのですが、コミヤゲにぴったりサイズの小袋スナックはコンビニが見つけやすいです。味もタイらしさ100%!

Koh-Kaeのナッツ製品では、小魚やグリーンピースとカシューナッツがミックスされた袋菓子をイチ押ししてきましたが(記事はこちら)、それのカシューナッツONLYバージョンみたいな感じ。

2017年秋ごろ初めて見かけました。新製品かな? ちなみに、大袋は売ってるのを見たことがないので、小袋のみの展開なのかもしれません。
 
 

◆番外編:グァバ+プラムシュガーソース付き@ファミマ

屋台でもスーパーでも、フルーツが手軽に格安で手に入るのがタイのいいところ。コンビニにも当然カットフルーツが置いてあります。

気に入ったのは、ファミマの冷蔵品コーナーにサラダとかといっしょにならんでいた、カットした"グァバ"のパックにプラムシュガーが添えられたもの。(画像が無くて申し訳ない、、、)

カットしたグァバと、砂糖+プラムペースト+塩 と思しきディップソースが合う合う!!! 

チリシュガーがフルーツに添えられているのはよく見かけますが、プラムってとこに惹かれました。

生フルーツ屋台はちょっとコワいな…とお思いの方にとっても、コンビニのものなら安心度UPではないでしょうか。ファミマで見つけたら、ぜひお試しください。

 
 
 
まだまだ気になる商品多数なタイのコンビニ・ワールド。またヒットを見つけたら、随時更新したいと思います。

 
おしまいです~
 

-海外, タイ
-, ,