国内

【国内】大阪-名古屋が最安・片道1500円!安い…『名神ハイウェイバス大阪線』で約3時間、超おトクに移動できました。

2017/08/13

大阪-名古屋間を移動する機会がちょこちょこあります。

カンペキに"私用"なので、"早く・時間通りに到着すること"を最優先する必要はなく、そのぶん交通手段の選択肢も多いのですが、中でも"最安・片道1500円"という突出したおトク感、快適性・利便性も思ったより高く、お値打ち感満載の『名神ハイウェイバス大阪線』について、40代女性・ひとり行動多しの筆者目線で体験談をお伝えします。

◇大阪=名古屋・最安1500円(片道)『名神ハイウェイバス大阪線』とは?

利用にあたってざっくり調べてみると、以下のことがわかりました。(※2017年5月段階の情報です。)

●大阪=名古屋を約3時間で結ぶ高速バス路線・13往復/日(2017年5月現在)運行。

1日13往復と、かなり頻繁に発着しているので、行動予定に合った便を選びやすいです。所用時間も約3時間とまずまず(と思う)。
時刻表は、JRバスのコチラの公式サイトで確認できます。

 

~ちょっとした注意事項~

◆大阪方面における乗/降車場所は、大阪駅以外(千里・高槻・京都深草・USJなど)も設定されていますが、料金体系が異なったり、便によって停車する/しないの別があるため、ここでは"JR大阪=名古屋"の単純往復についてのみ取り上げています。詳細はJRバスの公式サイトをご覧ください。

◆同じ路線を運航する夜遅い時間帯の1往復ぶんは『青春大阪ドリーム名古屋』という路線名で販売されており、料金体系が異なります。

 

●安心の大手バス会社による運行

『名神ハイウェイバス大阪線』は、JR東海・JR西日本・近鉄の3つのバス会社により運行されている路線の名前です。少々ややこしく感じますが、購入~利用にあたって"どこのバス会社が運航しているか"を気にかけるべき場面はほとんどありません。

長距離バスの安全について気になるニュースも多いので、やはり大手の会社だと安心度がUPするような気がします。

 

●停留所は、大阪=JR大阪or梅田駅、名古屋=新幹線口。

大阪での乗/降車場所最寄り駅は、JR大阪駅か各線梅田駅。なので、南大阪エリアや京都・奈良方面からなら近鉄電車のほうが便利かもしれません。

バスターミナルは、大阪・梅田のど真ん中にあるファッションビル"ルクア"沿い(マップはコチラ)、完成して数年の、とてもキレイなバスターミナルです。駅からの経路さえわかっていれば、かなりアクセスが良い場所で、JR・地下鉄・阪急・阪神、いずれの手段でも雨知らずで移動できると思います。

名古屋の乗降場も新幹線口を外に出てスグと、とっても便利なロケーション(マップはコチラ)。

 

●最もおトクな料金の確認&予約・購入は『高速バスネット』で。

先に述べた通り、『名神ハイウェイバス大阪線』は、JR東海・JR西日本・近鉄の3つのバス会社により運行されている路線なので、それぞれ個別の案内サイトが存在するのですが、

最もおトクな料金の確認&予約・購入は『高速バスネット』というポータルサイトで行うのが一番手っ取り早く・わかりやすいです。

ネットでの予約購入を避けたい方は、ローソン系列の『Loppi』やサークルKサンクス系列の『カルワザステーション』という端末からでも予約・購入手続きが可能だそう。詳しくはコチラをご参照ください。

 

●最安料金・片道1500円は『早値早得割』⇒平日のみ・座席数に限定あり

利用が平日であれば、1500円/片道の『早値早得割』が最安です。販売座席数に限りがあるものの、残席さえあれば当日まで購入可能とのこと!(ルールについての詳細はこちらのサイトで。)

他にも、こども運賃の設定無し・乗車変更できない(一旦払戻してから再度購入の形となる)などの制限はありますが、空港リムジンバスみたいな料金で大阪-名古屋間が移動できると思えば、そりゃそうでしょうよ…と頷けます。

 

●片道1900円の『早売1』は土日祝もOK!

利用が土日だったり、『早値早得』が売り切れていた場合は、2番目におトクな『早売1』がねらい目です。

前日までに購入すること、販売座席数に限りがあること、こども運賃の設定がないこと、乗車変更できないことなどの条件がありますが、充分おトク感が感じられます。

 

●3番目にお得な『往復割引』は往復で4750円(=片道換算2375円)。

往復ともバスでも構わない場合で、上記割引運賃が売り切れていたら、往復割引がおトクです。
往路利用から10日以内に復路を利用する必要があり、インターネットか窓口でのみの販売となりますが、片道あたり2375円と、新幹線と比較するとまだまだお得感があります。こども運賃は半額です。

 

『名神ハイウェイバス大阪線』レビュー in 2017年5月

①『高速バスネット』で予約

予約・購入手続きは先述の『高速バスネット』で行いました。

乗車/降車場所や乗車日を入力すると、スケジュールや運賃が一覧で表示され、希望の便や運賃種別・座席などを選んでいくだけ、とシンプルでわかりやすい手順です。

クレジットカードで支払うと、2~5%の"ネット割"が適用されるそうなのですが、筆者は少額のクレジットカード支払いが立て込むと混乱しちゃうタイプなので(お金の計算が苦手なのです…)、コンビニで現金支払い&受け取りを選択。

ちなみにこの時は、行き⇒早割1(1900円)・帰り⇒早値早得(1500円)で予約できました。往復分を同時に予約したのですが、片道ずつ別々に確認メールが届いたので、どちらかの便を取り止めたい場合でも必要なほうだけ購入することが可能です。

 

②コンビニでの支払い&乗車券受け取り時に注意したいこと

コンビニ決済を選んだため、ご近所のファミマへ支払い&受け取りに行きました。

ファミマの場合、ファミポートという端末で出力した支払い票をレジに持って行って、支払いと発券をしてもらうのですが、

バイトくんが、プリンタから出力されたA4用紙をキリトリ線で切り、『では、こちらがチケットですね…ありがとうございました~!』と渡してくれた紙を確認すると、『乗車券』ではなく『コンビニ控え』。。。

バイトくんの手元をずっと見ていたので、『…これって、お店の控えのほうじゃ…?』と気づき、事なきを得ることができましたが、あのまま確認せずに受け取ってバス乗車時に『これは乗車券じゃありませんよ~!』となってたら…と、ヒヤっとしました。

コンビニ発券の場合、『バス乗車券』と『取扱明細兼領収書(お客様控え)』の2種を受け取ったことをしっかり確認しましょう!

 

③JR大阪バスターミナル(BT)から乗車


JR大阪BTはとてもきれいでわかりやすい造りです。バスターミナルエリア全体が高架下に位置するので、到着してしまえば雨天時も傘は不要

待合ロビーには24時間営業のファミリーマートが隣接、ロビー奥にはお手洗いもあります。ひとり旅だと荷物番をしてくれる人がいないのが難点ですが、コンビニもトイレも中型のスーツケースを引いていてもそのまま入れました(コレ大事!)。

Lucua1100(ルクア・イーレ)に沿って乗り場が設置してあるので、営業時間内なら美味しいパンなどを仕入れたり、ランチを済ませてから乗車するのもいいなと思います。

 

④車内・座席は?

車両自体は、ごくフツーの空港リムジンバスのようなタイプのバスです。
この時は2×2の座席列・コンセント・飲み物ホルダー・網ポケットつき・トイレありの車両でした。(増発便などでない限り、全便でコンセントつきみたいです。)
↓ブレててごめんなさい…

スーツケースは乗車前に荷物コンテナに入れ、車内にお土産物のはいった紙袋と自分のバッグを持ち込んだのですが、車内の荷物棚は前方半分ぐらいまでしかなく、大きさも中サイズの紙袋が辛うじて置けるくらいでした。

後方座席列で隣に空席が無い場合、車内に持ち込んだ荷物はずっと膝の上に置かねばならない可能性があるので、お土産物などは予め荷物コンテナに入れるなどしたほうがいいのかもしれません。

 

⑤大阪を出発⇒名古屋へ

JR大阪のターミナルを出た後は、千里ニュータウン・高槻・京都深草と3つの乗車場所に立ち寄るので、空席への移動は京都深草を出た後に!

途中、甲南パーキングエリアで15分弱の休憩が入ります。

↓甲南…甲賀流忍者の里、らしいです。あは。

↓小規模なPAで、これといっておススメは無し^^;…が、里山の景色に癒されます~!

 

⑥名古屋に到着!

3時間ほどの乗車で名古屋の新幹線口にあっさり到着。新幹線口近辺には多くの飲食店があるので、お食事時に到着しても困りません^^

ちなみに筆者おススメは、バス乗り場真下にある『エスカ地下街』。名古屋名物が網羅されていて楽しいですよ~!

 

⑦復路:名古屋⇒大阪へ

基本的には大阪からの時と変わりません。(途中休憩ポイントも『甲南PA』で行きと同じでした。)

名古屋のバスターミナル内には、バス利用者用のお手洗いがありません!ゆえに、バスターミナル到着までにお手洗いを探して(タカシマヤ内とか)済ませておくのがポイント?です。

また、名古屋からの出発時には他の乗車ポイントに立ち寄らないので、空席があれば移動しても大丈夫みたいです(筆者利用時は、親切なドライバーさんが『ご自由に空席へ』とアナウンスしてくれました^^)。

 
 

のんびり景色を眺めながらゆったり気軽に移動。おススメです!

大阪=名古屋を結ぶ高速バス『名神ハイウェイバス大阪線』について、いかがでしたか?

この区間を移動するとき、ぱっと頭に浮かぶのは新幹線ですが、時間に余裕があるときには、車窓からの景色を眺めつつ・ちょっとそこまでという気軽さで・のんびり移動できるバスの旅もなかなかいいものですよ^^

旅のご参考になれば嬉しいです。

  
 
おしまいです^^
 
 

-国内
-, , , , , ,