国内

【ホテルレビュー】駅から0分、傘要らずで到着!品川近くのとっても便利なホテル『東急EXイン品川・新馬場北口』の口コミ。

2018/12/30

選択肢が多いだけに悩ましい、東京でのホテル探し。

筆者の場合、行き帰りの発着駅(空港)と都内での目的地をつなぐ動線上にあるホテルを… と探すと、たいがい品川近辺になります。

品川駅は、飛行機利用の場合は羽田から京急利用で乗り換えなし、成田へも成田エクスプレスで直行可能、東海道・山陽線なら新幹線も停車と、他府県からのアクセスがとてもよいので、人気のエリアですよね。

 
今回レビューする『東急EXイン品川・新馬場北口』は、最寄駅こそ品川駅ではないものの、品川から京急電車で2駅・3分の新馬場駅から徒歩0分(!!!)と、便利な場所にあって、居心地&雰囲気もなかなかGOOD^^♪とけっこう気に入ったホテル。

40代旅女の視点でレポします~。

 
 


 
 

『東急EXイン品川・新馬場北口』の宿泊レビュー

 

宿泊時期: 2018年1月(土曜IN・日曜OUT)
部屋タイプ: 禁煙・セミダブル1名利用
プラン内容: 早割・素泊まり(食事無し)
料金:7400円(税サ込み)
※閑散期&早割利用のためか、かなりおトクな料金設定となっていたようです。

>>宿泊予約サイトじゃらんで最新の空室状況と料金を確認

  
 

品川から2駅3分の新馬場駅、徒歩0分の便利なロケーション

最寄駅は、京急線の『新馬場』

普通しか停まらない駅ゆえに、これまでスルーしてばかりで知らなかったのですが、『しんばんば』と読むそうです。『しんばば』かと思ってた…

品川からは普通で2駅・所要時間3分と、あっという間。お天気が良く・荷物が少なく・ペタンコ靴を履いてれば、品川から歩けちゃいそう?なんて思うほどです。

羽田からの場合は、蒲田まで快特や急行で出てから、普通に乗り換えて品川方面に8駅。トータル30分ほどで到着です。

ちなみに、京急新馬場駅には駅構内(改札内)にコインロッカーがあるそうですよ。(場所は、2番線ホーム(品川方面行き)へのエスカレーター手前)
空港から都心の目的地に向かうまでに途中下車して、コインロッカーに旅行カバンだけポイっと預ける、なんていう使い方ができそう^^

 
 

新馬場駅・北口、階段降りて右斜め前

サイトには『新馬場北口直結』との記載。

北口の改札を出て、階段を降りて…(エレベーターもあるみたいですが) 

『で、どこに?』とキョロキョロしていたら、右斜め前方向に周りになじんだ(ゆえにちょっとわかりにくい)入り口を発見! 笑っちゃうほど駅近です。

 
 

アラビアン・ナイト?なエントランス&ロビーエリア

旅行宿泊予約サイト「じゃらん」の基本情報ページによると、ロビーエリアは『アラビアン・ナイト』の世界をイメージして設えられているのだとか。。。

エントランスを入ってすぐの飾り。

入り口近辺からロビー方面をのぞむ。

この像はバリの…だよね?『アラビアン・ナイト』じゃなかったっけ?ありゃりゃ^^;

 
 

チェックイン時に料金支払い。自分でピックアップするアメニティは『ホコリ取りシート』がヒット!

ロビーの一番奥にあるフロントでチェックイン。料金は前払いでした。
(20代の女性スタッフひとりで対応していたので写真を撮るのは憚られ、フロントの画像はありませんが…)

筆者は素泊まりプランだったのですが、朝食付きの場合はホテルを出てすぐの新馬場駅高架下にある『ドトールコーヒー』での提供となるようです。
同じ高架下に傘要らずで行けるセブンイレブンもあるので、素泊まりでも特に不都合は感じませんでしたよ。

 
 
アメニティは最近よくある自分でピックアップするタイプ。(『Amenity Viking』って… ツッコミどころ満載なロビーエリアだわね^^;)


石けん・コットン・綿棒・マウスウオッシュ・糸ようじなどのグルーミング用品から紅茶コーヒーなどの飲み物まで、かなり幅広いラインナップです。化粧品の類は無かったように思います。

「洋服のホコリ取りシート」は、黒いウールのコート(ホコリが目立つ!)を着ていたこともあり、とても重宝しました♪

↓どーでもいいけど、筆者チョイスのアメニティ。コーヒーはドリップタイプを常に持参なので、ここではピックアップしなかったものの、後で見たらドトールのインスタントだったので、もらえばよかった…とプチ後悔。

 
 

広くはないけど、ハイスペックなお部屋。

うんうん、ここまではなかなか良い感じ♪とエレベーターに乗ってお部屋へ。

ロビー以外は、よく見かける"アタリなほうのビジネスホテル"風なインテリア。

両サイドにお部屋が並ぶ廊下。

お部屋のレイアウトもビジネスホテルの定番タイプ。
決して広くはないけれど、ベッドは140㎝幅のセミダブル、デスクとベッドの間にも程よいスペースがとってあり、女性ならば身体を縮めなくとも充分ゆっくりできます。

 
 
お部屋の設備・備品はかなり充実。このクラスのホテルではフルスペックと言えるのではないでしょうか。

個人的に、特にあってよかった!のは…

・加湿・空気清浄機(ナノイー)
・独立型エアコン(部屋ごとに温度調節可能)
・電気ケトル
・コーヒーカップ
・LED電気スタンド
・消臭スプレー
・ランドリーバッグ(ビニールの。)

シャンプーなどが資生堂だったり歯磨き粉が「GUM」ってとこや、ドライヤーが風量充分なPanasonic製ってとこも、密かにポイント高し!冷蔵庫の容量も充分でした。

 

惜しい!ポイントは、真上からのダウンライト。まぶしくて寝っ転がって読書できない!と思うのですが…よくあるこのタイプ、改善求む。

いうことで、デスク上にあったLED電気スタンドを枕元コーナーに移動させて使用。

ちなみに、枕元のコンセントは1つだけなので、分配器を持ってくればスマホ充電も同時にできたなあ…と思いました。

 
 

真横に線路がある割には、静か!

耳の聞こえがやたらといい筆者。
ありがたいことではあるのですが、それは雑音を拾いすぎてしまうということも意味します。

特にホテルでは、ウーンという低いモーター音や電子音、隣の部屋からのくぐもったテレビの音や話し声が聞こえると、なかなか寝付けなくて困る…(CA時代は一晩中眠れず翌日のフライトにショウアップ、なんてこともありました…(-"-))

こちらのホテルは京急の線路すぐ横。

特にアサインされたお部屋は、窓を開ければそこに線路!という場所にあったので、入室した瞬間に『げげっ!しくじった!』とおののいて夜を迎えたのですが、、、

案外気になりませんでした!(´▽`)ヨカッタ!

窓は羽目殺しになっていたのですが、擦りガラスの向こうを走り去る電車は確かにすぐそこなのに、『しゃあああぁぁーー』という電車の通過音はかなり遠くを通過している感じ。かなりしっかり防音されているようです。

振動も感じなかったし、アナウンス音やプルルルル…という発車のお知らせ音も聞こえませんでしたよ。

急カーブや遮断機も近くに無いようなので、時折うっすら聞こえる『しゃああああぁぁー』に慣れてしまえば、入眠に問題ナシ!でした。(疲れていたせいもあるかも。)

 
 

まとめ:品川駅から徒歩移動するホテルより、むしろ便利でラクに着けるかも。定番入り決定♪

これまで品川エリアで宿を探すときには、最寄り駅が品川であることを重視していたのですが、駅直結のホテルって…無いんですよね。品川には。

ということで、品川駅から徒歩10分以内あたりを目途に探すのですが、便利なエリアだけに空室がなかったり、短時間の滞在に見合わない高級ホテルだったり、坂や階段の昇り降りがけっこうキツかったりと、あれこれマイナス面も多いです。

今回宿泊した新馬場の東急EXインは、品川から徒歩で10分かかるホテルより、むしろカンタンラクチンに行きつけるかも。

日にちによって宿泊料金の幅がかなりあるようで、おトク感のある/なしは利用日のレート次第ではありますが、品川エリアの定番宿にリストイン決定!のなかなか良いお宿でした^^。

  
 
おしまいです~

 
 


-国内
-