海外 タイ

【タイ・バンコク】おススメお土産| ウマ辛!な『チリ・シュリンプ・フレーク』。MBK内の1店舗でしか買えません!

2017/12/29

タイらしい食品のお土産が欲しい!でもちょっと不安。

お土産選びのしやすさトップクラスのタイ。

食品も雑貨もお手頃価格なものがほいほいっと見つかるので、そこまで慎重に吟味せずともポンポン買えてしまうのですが、、、
食品となるとある程度どんな味か・どう使えばいいのかつかめないと手が出ませんよね。

この記事でおススメするタイ土産は、タイ人CAさんから情報を入手した元同期がお土産に買ってきてくれて以来、筆者もすっかり気に入って切らさず買い続けているウマ辛なチリ・シュリンプ・フレーク@MBKです。
 



 

ひと匙でタイ気分!J-Koong『Spicy Crispy Shrimps(スパイシー・クリスピー・シュリンプス)』

正式名称はJ-Koong『Spicy Crispy Shrimps(スパイシー・クリスピー・シュリンプス)』。
お値段ひとつ70バーツ(2017年3月現在。225円くらい)

黄色のフタのほうは辛さ控えめ、赤いフタのはヒーヒー言っちゃう辛さです。
s__37380107

s__37380108

基本の材料は以下4つ。
・オニオン
・干しエビ
・ガーリック
・チリ

うま味調味料が使われているみたいなので、アレルギーをお持ちの方や自然志向が高い方へのお土産には向かないかもしれません。
インスタント食品?フツーに食べるけど?という感じの方なら大丈夫かと。

 

おススメの理由

赤いフタの"激辛タイプ"は、ほんのひと振り焼きそばやラーメンに入れるだけでヒーヒー言いたくなる辛さ。
辛いもの好きな方へのお土産にぴったりです。

"マイルド・タイプ"は、辛さよりもフライドオニオンとガーリックが勝っている感じ。

s__37380110

筆者は辛い物が大~好き(アーユルヴェーダではきっとピッタ体質…)なので、赤いフタのほうの消費量がダントツで多いのですが、辛いだけでなくガーリックとオニオンの風味も効いていて美味しいのです。

焼きそば、ビーフン、チャーハンはもちろん、鶏がらスープ系のお粥やスープに振り入れると、一気にアジアンなお味に。パクチーとの相性もバツグンです!

 
味以外にも、軽くてつぶれにくいプラスチック容器が運びやすく・タイらしさがあって・お手頃価格!と、優秀お土産の要件を満たしているところもおススメポイントです。
 

 

バンコクで購入できるのはMBK内の1店舗のみ・行き方は…

バンコクのガイド本に必ず載ってる、巨大ストア『MBK(マーブンクロン)』。
"チリ・シュリンプ・フレーク"は、そのMBKにあるチャイニーズ系・乾物&菓子店のひとつでのみ販売しているんだとか(前出のタイ人CAさん情報による)。
 
行き方は…
 
①BTSナショナルスタジアム駅の4番出口を出る

 
②『TOKYU』デパート入り口からMBKの建物内に入る

 
③入り口をまっすぐエスカレーター前まで進む(が、上がらない!)

 
④エスカレーターは上がらずに、左斜め奥にあるグレー×きみどりの『MBK』サインを探す。(画像がぼけててスミマセン…)

 
⑤『MBK』サイン下にある連絡口を通ってMBK内に入り、すぐ右へ。

 
⑥角を道なりに左へ。

 
⑦数十歩も歩かないところの左側にあるこのお店です。

 
派手な外観の、中国系の乾物やお菓子をいっぱい売ってるこちらのお店。
店内・右手奥の隅っこに山積みされています。

 
類似品もあるらしいので、フタの上のこのシール↓と"J-Koong"ブランドを確認してくださいね。
s__37380109

 
 
これが切れると『バンコクに行かねば…』という焦りを覚えます。。。
是非一度お試しを^^。

 
 
おしまいです~。

 


タイ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。


かわいいバンコク案内


ことりっぷ 海外版 バンコク (旅行ガイド)


FRaU(フラウ) 2016年 09 月号



-海外, タイ
-, , ,